タンブーアクラブへの入会 |
Header Image

オーストラリア行き

出発国を選択

こんにちは、オーストラリアへようこそ!

「オーストラリア」と言えば、何を思い浮かべますか? BBQでの山のように盛られたエビですか? ボンダイビーチでの日光浴でしょうか? オーストラリアには様々な楽しみがあるので、正解はありません。それがこの素晴らしい国の魅力なのです。 あなたが求めているものが短い休暇でも長期の滞在でも、フレンドリーな人々でも、多様な文化や白い砂浜でも、腕を広げて歓迎してくれます。
オーストラリアの歴史

5万*年にも及ぶ先住民族の文化や、フレンドリーでモダンな多文化共生から何を感じますか? 仲間意識精神の上に成り立っている国なので、旅行者にとても優しい旅先となっています。 オーストラリアと言えば、自然豊かなビーチ、深い熱帯雨林、砕ける波、広大な砂漠などのイメージが浮かんできますが、それだけではありません。 多様で、力強く、美しい。
オーストラリアでは素晴らしい冒険が待っています。

人口
2,393万8,821人

言語

オーストラリアの公用語は英語ですが、独特で個性的な特徴があります。
言語割合 – 76.8% は英語を話します。 その他は中国語1.6%、イタリア語1.4%、アラビア語1.3%、ギリシャ語1.2%となっています。
 
主要語句;

G’day = Hello(こんにちは)
No worries = Not a problem(問題ありません)
Thongs = Flip flops(サンダル)
Cozzie = Swimming costume(水着)

通貨

通貨はオーストラリアドル ($AUD)です。
紙幣には$5、$10、$20、$50および$100で、貨幣は5c、10c、20c、50c、$1および$2です。

食事や飲み物

オーストラリアでは、多様な民族に由来した様々な食事や飲み物をお楽しみいただけます。 世界中からの美味が集まり、オーストラリアを素晴らしい美食の地へと変貌させました。 海に囲まれているので海産物は新鮮かつ豊富で、数百ものワイナリーや個性的なクラフトビールが選べるので、お食事の選択肢には限りがありません。 伝統的な料理でも、カンガルーからエミュー、ワニなどを用いた斬新なオーストラリア料理でも、食の楽しみが尽きることはありません。
ローカルビール: Victoria Bitter (VB)、XXXX Gold および Carlton Draught
ローカルフード: Four and Twenty ミートパイ、チキンパルミジャーノ、ベジマイトトースト

電気情報:
オーストラリアにご旅行の際は、携帯電子機器の充電用に2種類のデバイスが必要です。
変圧器はコンセントからデバイスまでの電圧の変換に必要になる場合があります。 オーストラリアは230V 50 Hzです。
お使いのデバイスをオーストラリアのコンセントに差し込むために電源アダプタが必要になる場合があります。 オーストラリアのプラグには「V」字型の2つの平坦な金属ピンがついていて、中央に3つ目の平坦なピンがついているものもあります。

地質

オーストラリアは世界最小の大陸ですが、極上かつ固有の風景をお楽しみいただけます。
クイーンズランドのデインツリー・レインフォレストでのトレッキングやニュー・サウス・ウェールズ州(NSW)のブルーマウンテン地域でのハイキングを楽しんだり、アウトバック砂漠の真ん中で星を眺めましょう。また、有名なボンダイビーチでサーフィンに挑戦してはいかがですか。
それぞれの地域には固有の花々や植物が咲き誇り、皆様をお待ちしています。

天候:
春: 9月~11月
平均気温:
最低17度、最高24度
夏: 12月~2月
平均気温:
最低12度、最大29度
秋: 3月~5月
平均気温:
最低16度、最高24度
冬: 6月~8月
平均気温:
最低16度、最高19度

国際空港

以下の都市には、オーストラリア行きの国際線が就航しています。
 
- アデレード
- ブリスベン
- ケアンズ
- ダーウィン
- メルボルン
- パース
- シドニー

オーストラリアまでの飛行時間

フィジーからオーストラリア – 4時間30分
ニュージーランドからオーストラリア – 5時間30分
米国からオーストラリア – 19時間30分
カナダからオーストラリア – 19時間
香港からオーストラリア – 7時間44分
太平洋諸島からオーストラリア – 7時間

税関

オーストラリア入国には、有効なパスポートと入国旅客カード(空港にあります)が必要です。

特定の食品、植物、動物製品、高額の通貨は申告する必要があります。 詳細は現地の大使館にご相談ください。

機内持ち込み手荷物:

ご搭乗のお客様は、1人あたり1個の小型手荷物を機内にお持ち込みいただけます。 練習のためのサーフボードのお持ち込みをお考えの場合は、預けていただく必要があります。小型のお荷物のほうが好ましいです。

免税品販売

海外で購入した免税品または機内で購入した免税品は、オーストラリアに無税でお持ち込みいただけます。
18歳以上の場合、$900相当の製品を無税でお持ち込みいただけます。 これには贈答品、お土産、カメラ、宝石、時計、スポーツ用品、電子機器、香水などが含まれます。

パスポートおよび査証要件:

パスポートと有効なビザがオーストラリアへの入国に必要です。帰りの航空券は不要です。
滞在期間が3か月未満のほとんどの旅行者は、ETAまたはEビザのみ必要です。 これらは電子的に格納され、レジャーや出張などの短期間の滞在に非常に便利です。
滞在期間が長い場合は、就労ビザ、ホリデービザなどの他のビザが必要になる場合があります。 詳細は現地の大使館にご相談ください。

旅行のベストシーズン:
世界で6番目に大きい国であるオーストラリアの気候は多様であり、一年中最適な旅行先です。 北に行けば行くほど暖かくなり(クイーンズランドおよびノーザンテリトリー)、南に行けば行くほど涼しくなります(メルボルンやタスマニア)。
春(9月~11月)または秋(3月~5月)は天候が暑くも寒くもない快適な気候のため、最適な旅行シーズンです。

主要なツーリスト向けスポット:
オーストラリア旅行は様々な形で楽しめます。 美食を追求したり、スリルを求めたり、リラックスしたい場合も、あらゆる願いが叶います。
次の忘れられない休暇に、以下の旅行先をご検討ください。
-グレートバリアリーフ(QLD)- 見逃せない自然の1つであるこの保護区には、息をのむほど美しい世界最大のサンゴ礁が広がっています。 シュノーケリング、スキューバダイビング、ドルフィンスイミングを始め、絵画のような風景の中での素晴らしい体験を味わってください。
- カンガルー島(SA)- この美しい国立公園島は自然にあふれ、カンガルー、ワラビー、ハリモグラ、コアラなどのオーストラリア固有種を間近で見ることができます。
- シドニー(NSW)- この港湾都市では、美しい景色を臨みながら国内最高のお食事をお楽しみいただけます。 ハーバーブリッジやオペラハウスの建築を背景に、サーキュラーキーで夜を楽しみましょう。
- メルボルン(VIC)– オーストラリアのスポーツと文化の首都では、裏通りにひっそりと隠れるようにあるバー、ガイドブックには載っていないアートや秘密を探してみましょう。 ストリートアートで有名なホイザー・レーン(Hosier Lane)を散策したり、バークストリート・モール(Bourke Street Mall)ではショッピングをお楽しみいただけます。
- キンバリー(WA)– オーストラリア北西部のこの荒涼とした大地では、他では見られない美しい景色が広がっています。 4WD(四輪駆動)車をレンタルしたり、ラクダに乗って夕日を眺めても良いでしょう。どちらも忘れられない経験となることでしょう。
- レッドセンター(NT)– 偉大なウルル(エアーズロック)の最寄りの地は世界遺産に登録されており、徒歩でも、ラクダでも、ヘリコプターからでも楽しめます。
- ホバート(TAS)– オーストラリア、タスマニア島の首都で、オーストラリアの南岸沖にあります。 この海辺の町では美しい自然、多様な伝統、文化や世界屈指のアトラクションを楽しむことができます。

主要イベント
オーストラリアテニスオープン(VIC)- 1月(中旬から下旬)
Clipsal 500アデレード(SA)- 2月~3月
F1 オーストラリアグランプリ(VIC)- 3月~4月
NRLグランドファイナル(NSW)- 9月
AFLグランドファイナル(VIC)- 9月/10月
オーストラリア PGA チャンピオンシップ(QLD)- 12月

ビーチ
オーストラリアは白い砂浜、美しい透明な海水、広々としたビーチで世界的に有名です。 有名なビーチ;
- ボンダイビーチ(NSW)。 ビーチを楽しむ人々やライフガードを眺め、美しい雰囲気を堪能しましょう。 世界一有名なビーチに足を踏み入れずにオーストラリアへの旅行は完了しません。
- バイロンベイビーチ(NSW) まだ開発されていないこの美しいビーチ周辺には、高層ビルが乱立していません。周囲の建物や延々と続く砂浜は美しい熱帯雨林に取り囲まれています。
- マンダレービーチ(WA)。 国土の反対側にあるこのビーチには、観光客があまり来ないので自然の美で溢れています。 国立公園に囲まれたこのビーチは、オーストラリアのレインボーコーストです。
- 75 マイルビーチ(フレーザー島)。 世界最大の砂でできた島にあります。 東海岸の海に面していますが、実際には波が荒くサメが多いため、水泳には適していません。海をのんびり眺めたり、魚釣りに向いています。
- ヌーサビーチ(QLD)。 ある日は美しく、またある日には完璧な姿を見せます。クイーンズランドはビーチで有名です。 山々に囲まれているので一年中ビーチが楽しめ、運が良ければイルカの群れに遭遇できます。
*安全勧告 - 常に監視員がいるビーチで赤と黄色のフラッグの間を泳いでください。

国内観光:

オーストラリアは大きな国なので、主要都市間を移動するのであれば若干の計画が必要です。
オーストラリアの主要な都市や町すべてには、信頼できる公共交通機関を良心的な価格で利用できます(バス、列車、フェリー、トラムなど)。
- バス/コーチ: オーストラリア国内には豊富なバスシステムがあるので、運転する予定がない場合は快適なバス旅行をお楽しみいただけます。
- 列車: オーストラリアには国内全体を網羅しているガンとインディアンパシフィックという非常に発達した列車システムがあります。
- タクシー: 主要な都市では通常多数あります。
- 飛行機: オーストラリア国内を旅行するには、最も速くて簡単な手段です。 海岸から海岸に旅行するのであれば、飛行機でのご旅行をお勧めします。 オーストラリアには国内の遠隔地に飛行する多くの国内空港があります。

*http://www.australia.gov.au/about-australia/australian-story/austn-indigenous-cultural-heritage

Overlay Loading Icon, 100px Overlay Loading Icon, 50px Overlay Loading Icon, 15px