Skip to main content
タンブーアクラブへの入会 |

フィジーエアウェイズの経営陣

Andre Viljoen
業務執行役員兼最高経営責任者

Andre Viljoenは南アフリカ生まれで、33年にわたる豊富な航空会社経験があります。フィジーエアウェイズには、業務執行役員兼最高経営責任者として2015年10月に入社しました。 Andreは、商学における優等卒業学位や公認会計士資格があります。

彼は財務管理者として1980年代に南アフリカのコムエア・ブリティッシュ航空で航空会社のキャリアを始め、グループの財務および事業役員の地位に急速に成長しました。彼は10年間以上この役職を務めしました。 彼は、コムエアを小さな地方航空会社からブリティッシュ航空のブランドで営業する南アフリカ航空の主要な国内の競争者に育てる際に大きな役割を果たしました。

その後、彼は最高執行責任者として、1992年に南アフリカ・エクスプレス・エアウェイズ(南アフリカで最大の地方航空会社)に入社しました。 Andreは、ターンアラウンドプログラムを考案して先導しました。この結果、この航空会社は採算性が出るまでに回復し、地域ジェット機も採用して機種揃えを拡充させました。

1995年に、南アフリカの国営航空会社であるサウスアフリカン航空に最高財務責任者として入社し、2000年に社長兼最高経営責任者という職位を引き継ぎ、2005まで務めました。 「Perfecting the Basics (基本の徹底)」として知られる強引な変革プログラムを実施し、この航空会社を2002年までに採算性が出るまでに回復させました。 この変革プログラムにより、この航空会社はスカイトラックスのスターランキングで4ツ星を獲得しており、「Leading Airline to Africa (アフリカ航路がある優れた航空会社)」などの旅行関連の賞も多数受けました。

続いて、2006年にツアーオペレーターグループのカリナンホールディングスに最高経営責任者として移りました。 このグループは、その旅行ブランドであるトムソンホリデーズ、トムソンツアーズ、ペントラベルなどでよく知られています。

2009年に、モーリシャスの国営航空会社であるエアーモーリシャスに入社し、当初は最高財務責任者を務め、2010年からは最高経営責任者を務めました。 2012年に、「7 Step Recovery Plan (7ステップ回復プラン)」として知られる優れたターンアラウンドプログラムを立ち上げました。 このプランでは、この会社のネットワークの再分散、収益管理および商務の向上、新世代航空機への機種入れ替えなどに重点が置かれました。 このプランにより、この航空会社は2014年までに採算性が出るまでに回復し、古くなったエアバスA340-300機を入れ替えるために新世代エアバスA350-900 6機の注文も行われました。7ステップ回復プランの一環として実施されたサービス品質向上プログラムにより、エアーモーリシャスはスカイトラックスのスターランキングで4ツ星を獲得し、旅行関連の賞「Leading Airline to the Indian Ocean (インド洋航路がある優れた航空会社)」も受けました。

Nick Caine
最高財務責任者

Nickは2016年6月に最高財務責任者に任命されましたが、2010~2014年に最高財務責任者を務めているため、フィジーエアウェイズに馴染みがないわけではありません。 Nickは、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、アメリカ、オーストラリアでの25年以上もの暮らしと仕事で得た国際的な異文化体験をフィジーに持ち帰りました。 英国航空、スイス航空、サウスアフリカン航空、イージージェット、ジェットスター、およびファストジェットで財務、商務、戦略などの職務を通じ、定着ビジネス、再建ビジネス、新規ビジネス、成長中のビジネスなどの業績の改善記録をしっかり追跡することで、Nickは貴重な体験を積みました。 スターリング大学を卒業したNickは、Chartered Institute of Management Accountants (ACMA) とGlobal Certified Management Accountant (GCMA) の共同経営者でもあります。

Marc Cavaliere
チーフ・コマーシャル・オフィサー

 

Marc Cavaliereは、2017年5月に最高マーケティング責任者として経営陣に加わりました。 フィジーエアウェイズにおける任務では、Cavaliereはすべてのセールスチャネル、すべてのマーケティング活動、世界規模の提携活動、関連する商業任務を担当しています。 様々な海外駐在任務を通じた37年にわたる航空業界経験があり、世界の様々な地域や米国で航空会社の指揮に携わっています。 Cavaliereの担当領域は、商業領域開発、マーケティング、セールスマネジメント、eコマース、流通、共同方式の観光促進などにわたります。 Cavaliereは、航空会社同士の世界的な提携、戦略的パートナーシップのほか、パートナー航空会社ネットワークの拡張や収益機会の最大化を通じたネットワーク最適化に力を注いできました。 当社に入る前は、サウスアフリカン航空、スピリット航空、アメリカン航空、およびパンアメリカン航空で上席管理職位を務めています。

Shaenaz Voss
総括本部長 (Fiji Link and Group Corporate、国際業務、および政府業務担当)

Shaenazは、前職位である、業界、国際、政府業務担当の本部長から昇進し、2015年11月にこの職位に任命されました。 過去には、フィジーエアウェイズの国内子会社であるFiji Linkの前本部長を務めています。 Shaenazは航空会社の本部長になる初めてのフィジー女性として、2011年5月にその職位に就いています。 その前には、Fiji Linkのゲストサービス、空港、機内担当の本部長でした。 Shaenazは、航空、観光、サービスなどの業界で20年以上の商務および運営管理の経験があります。 Shaenazは、「Aviation Management for the South Pacific in 1995 (1995年における南太平洋の航空マネジメントでの功績)」部門でRoyal Aeronautical Society of New ZealandのDouglas Patterson賞を受賞するという輝かしい経歴があります。 2013年に、Shaenazは2013 Annual Fiji Women in Business Awardsで、フィジーの「Executive Woman of the Year」を受賞しました。

Andrew Stanbury
総括本部長 (セールスおよびマーケティング担当)

この職位には2016年1月に指名されています。Andrewは、当社のホーム市場 (フィジーと太平洋諸島) と当社の海外拠点 (オーストラリア、ニュージーランド、米国、香港、シンガポール) におけるすべてのセールス/マーケティング活動と、欧州およびアジアのフィジーのその他の主要観光市場の指揮を務めています。 Andrewは、シドニーを拠点とする地域本部長 (オーストラリア担当) として2012年にフィジーエアウェイズの経営陣に加わりました。 この職位に就く前には、ニュージーランド航空のオーストラリア勤務、ニュージーランド勤務、カンタスニュージーランド勤務などを経験しています。航空業界キャリアの出発点となったのはアンセットニュージーランドです。 Andrewは、過去20年以上もの間、航空会社のセールス、マーケティング、貨物、空港、ロイヤルティなどの業務でリーダー役を務めています。 Andrewはマッセイ大学の学士号 (経営学) を取得しており、ダーデン大学のExecutive Management Programmeなどの専門的な開発課程も修了しています。

Gordon Penfold
総括本部長 (情報技術担当)

Gordonは、この職位に2016年5月に指名されました。 フィジーエアウェイズに入社する前は、Etihad Aviation Groupで情報技術部門の常務を務めていました。 これまでに、英国航空、株式会社富士通、STC-ICL Ltdで幹部および上席幹部職を務め、その間、長い間欧州、日本、北米で勤務しているほか、南アフリカ、香港、マレーシア、アラブ首長国連邦などでの長期にわたる暮らしも楽しんでいます。 Gordonはこの20年ほどは航空業界で働いており、30年以上にわたるIT経験 (主に航空分野) を当社にもたらしています。 航空以外では、電気通信セクターおよび財務セクターの国際的なITサービスでの勤務や、防衛請負業者としての経験などがあります。 Gordonは、航空商用システム、リソース管理、航路/空港オペレーションなどに関する確かな技術背景と深い知識を持っています。 Gordonは経済学と法律における優等卒業学位があり、大学院でコンピューターサイエンスを学んでいます。

Thomas Robinson
総括本部長 (エンジニアリング担当)

Thomasの専門は航空機のエンジニアで、2016年5月にエンジニアリング担当総括本部長に任命されました。 直近の職位は、フィジーエアウェイズの国内子会社であるFiji Linkの本部長です。 Thomasはフィジーエアウェイズと一緒に育った世代であり、1989年にこの航空会社に入社しています。Thomasは、1995年7月に航空機のメンテナンスエンジニアライセンスを取得しています。 その後、2001年11月に航空機のメンテナンススーパーバイザーになり、2006年10月に航空機メンテナンス担当マネージャーに昇格しました。 2008年3月にエンジニアリング担当本部長になり、2015年1月にFiji Linkのオペレーションの部長に任命されています。 Thomasは、経営学 (航空) のディプロマと航空管理のサーティフィケイトを取得しています。

David Schoeman
総括本部長 (人事担当)

David Schoemanは、2016年6月に人事担当総括本部長に任命されました。 Davidは、カタール航空グループからフィジーエアウェイズに移ってきました。カタール航空グループでは、人事管理担当常務と最高人事責任者代理を務めています。 Davidは、徹底した社員慣行と「人材の確保と維持」戦略を通じて「才能アジェンダ」を作り人々の文化をうまく変えることで知られています。 Davidは、20年以上にわたる「戦略的でかつ即応可能な人事」の経験と知識を当社にもたらしています。 Davidは、南アフリカのランドアフリカーンス大学で人事管理修士号を取得しています。

Rowan Chalmers
総括本部長 (オペレーション、空港、および機内サービス/貨物担当)

Rowan Chalmersは、2016年11月にこの職位でフィジーエアウェイズに入社しました。 当社に入社する前は、オペレーションと顧客エクスペリエンス担当の総括本部長として Perth Airport (Pty) Ltdで働いていました。 その前は、カンタスの地上オペレーションヘッド (シドニーとキャンベラを担当) とヴァージンアトランティック航空の本部長 (ヒースローのハブの変革を担当) を務めています。 このほか、カナダにおけるアメリカン航空の最大のオペレーションの再編担当として、アメリカン航空のトロントで本部長も務めています。 Rowanは、オペレーション、サービス提供、業績向上に関する豊富な経験をもたらしています。 Rowanはこれまで、空港サービス、オペレーション、顧客エクスペリエンス、緊急時計画、空港オペレーション、技術/リスク管理などを経験しています。

Captain Aaron Dean
総括本部長 (フライトオペレーション担当) 兼チーフパイロット

機長Aaron Deanは、2017年1月にこの職位に任命されました。 フィジーが誇る航空プロフェッショナルの1人、機長Deanは2000年にB737機の副操縦士としてフィジーエアウェイズに入社し、2006年にはB747の副操縦士に異動しています。 Deanは、2007年に機長としてB737機に戻り、その後2011年にB737機の機長に任命されました。 2013年にフィジーエアウェイズが初めてエアバスA330を導入した時、Deanはこの航空機の先駆的機長として活躍しました。 Deanは、A330の点検/トレーニングキャプテンでもあります。 機長Deanは、総飛行時間が12,000時間を超えており、安全管理システムについてのIATA資格や、南カリフォルニア大学が提供しているいくつかの航空プログラムの資格認定などを取得しています。

Watson Seeto
上席本部長 (空港および機内サービス/貨物担当)

Watsonは2016年11月にこの職位に任命され、フィジーエアウェイズネットワーク内の全空港のほか、 貨物事業部も担当しています。 Watsonは、30年以上もの老練な航空会社経験を当社にもたらしています。 フィジーエアウェイズでは、これまで空港オペレーション、貨物、セールス、およびマーケティングにおける様々な幹部職務を務めてきました。 Watsonはまた、香港などの空港で当社がオペレーションを立ち上げるのにも力を発揮しました。 Watsonはこの3年間で飛行任務の本部長をみごとにこなし、飛行事業部での経験が合計8年になりました。

Shalendra Nair
上席本部長 (提携/パートナーシップ担当)

 

Shalen Nairは、1996年にフィジーエアウェイズに入社しました。現在の職位に任命されたのは2017年の5月です。 Shalenは、最高マーケティング責任者と協働し、航空パートナーシップを通じて仮想ネットワークを拡張するために、このグループの結びつきを向上させながら、あらゆる提携/パートナーシップに取り組んでいます。

フィジーエアウェイズにおける過去の21年間、Shalenは財務務、商務部、および戦略部の様々な任務で徐々にここまでの地位を築き上げました。 Shalenは、南オーストラリア大学で修士号 (経営学) を取得しています。 Shalenの今日は、フィジーエアウェイズの経営開発プログラムを利用した結果でもあります。このプログラムによってShalenは、NZQA/ATTTO公認のビジネス (航空) のナショナルディプロマとマネジメントのサーティフィケイトを取得しています。 Shalenは、このほかに南太平洋大学で会計研究のディプロマとITの上級サーティフィケイトも取得しています。

Sharun Ali
本部長 (安全性、セキュリティ、および品質担当)

Sharunは、2013年12月に、安全性、セキュリティ、および品質を担当するリーダーに任命されました。 17年以上にわたる航空業務体験があり、キャビンオペレーターや品質監査人 (2008年以降) などを務めた後、フィジーエアウェイズの安全性/セキュリティ/コンプライアンス事業部で様々な管理任務に携わるようになりました。 真に熟練したIOSA (IATA Operational Safety Audit) 監査人であるAliは、IATAの様々な安全性/品質コースを完了し、航空安全性管理、航空品質管理、航空オペレーションなどのディプロマを取得しています。 AliはMBA (総括経営) も取得しており、現在は品質システムの修士を目指しています。 Aliは、Leadership Fijiプログラムの卒業生でフェロー (会員) でもあります。

Edwin Aisake
本部長 (機内サービス提供担当)

Edwinは、2015年1月1日付けで機内サービス提供担当の本部長に任命され、機内サービス提供に関わるあらゆる事項と、客室乗務員チームのための戦略的リーダーシップを担当しています。 Edwinの入社は2009年で、前の職位は人事担当本部長代理です。 Edwinは、2001年に新卒研修員として航空キャリアを開始し、フライトオペレーション、物流、トレーニング、および人事で様々な職位を務めてきました。 Edwinは、南太平洋大学で学位 (経営情報システム) とMBAを取得しているほか、航空マネジメントのサーティフィケイトも取得しています。

Naomi Vuibureta
本部長 (ファイナンシャルプランニング、分析、およびビジネスサポート担当)

Naomi Vuiburetaは、2015年1月1日付けでファイナンシャルプランニング、分析、およびビジネスサポート担当の本部長に任命され、あらゆる事業金融提携、財務予測、予算、5ヶ年計画、戦略的な財務分析、評価などを指揮しています。 Naomiは、2012にファイナンシャルプランニングと分析担当の上席部長としてフィジーエアウェイズグループに入社した後、すぐに空港事業を理解し、財務部の有能な変革推進者として活躍してきました。 Naomiは、10年以上にわたる会計と管理の経験があります。KPMG Suvaの監査として出発し、Fiji Broadcasting Corporation Limited、Digicel (Fiji) Ltd、および Digicel (Vanuatu) Ltdの会計監査役ポジションに移りました。NaomiはCPA (オーストラリア) 公認の会計士であり、南太平洋大学で学士号 (会計/財務管理と経済) を取得しています。

Allan Lee
本部長 (ネットワーク計画担当)

Allanは、2014年11月にネットワーク計画担当の本部長に任命されました。担当は航空機、ネットワーク、スケジュール計画であり、利益の多いネットワークとスケジュールの開発でこの航空会社を先導しています。
Allanは、航空会社と空港の様々な主要戦略ビジネスユニット (戦略的な計画、ネットワーク開発、収益管理、航空ビジネス開発など) での勤務を通じて、19年間で幅広い空港事業知識と技能を習得している、経験豊富な航空幹部です。 Allanは、技術資料の管理、収益管理、ネットワーク計画などの担当者として、1995年にカンタス航空で航空キャリアを開始しました。 続いて、Sydney Airport Corporation Limitedで航空マーケティング担当を務めました。 フィジーエアウェイズに入社する前は、湾岸協力理事会 (GCC) で6年半勤務し、湾岸の航空会社であるエティハド航空とオマーン航空のネットワーク計画で管理業務を担いました。

Stuart Anderson
本部長 (財務管理)

Stuart Andersonは、2015年5月にフィジーエアウェイズに入社しました。 Stuartは、航空とその関連するサプライチェーンに関して23年にわたる経験がある、資格を持ったCIMA会計士であり、会計と商法の学位も取得しています。 Stuartは、過去にはBAA plcで上席財務担当を務めています。直近の職務は、ヴァージンアトランティック航空における、ヴァージングループとその関連子会社の会計監査役割で、過去12年間務めています。

Stuartは、企業報告書、管理会計、共有サービスセンターデリバリ、法定会計、事業変更管理など、航空財務管理の経験が豊富にあります。

Peter Bale
本部長 (メンテナンスとエンジニアリング)

Peter Baleは、2015にこの職位に任命されました。この国営航空会社には1994年から在職しており、フィジーの航空業界経験は1987年以降です。 当初は航空機のメンテナンスエンジニアでしたが、徐々にここまでの地位を築きました。2015年7月に現在の職位に指名される前は、航空機のメンテナンスとワークショップを担当する部長でした。 Peterは、現在フィジーエアウェイズグループで使用されているすべての機体タイプ (DHC-6ツインオッターからA330まで) を保証できる、南太平洋における数少ない優秀なエンジニアの1人です。

Pradeep Singh
本部長 (オペレーションサポート)

Pradeepは1992年に入社しました。2015年9月にオペレーションサポート担当の本部長という現在の職位に指名される前は、財務、オペレーションサポート、トレーニング、空港、ビジネスソリューションなど多様な航空業務を体験しています。 現在までのキャリアの中でPradeepは様々な上席管理職位に任命されており、現在の職位の前はIT担当本部長代理としてこの企業の航空IT事業部を担当していました。 Pradeepは幅広い航空経験があり、中でも詳しいのは主要フォーカス領域である定時運行、国内外のサービスフォーカス、および配送をまとめる「オペレーション」です。

Shane Hussein
本部長 (広報担当)

Shaneは、広報/情報担当の部長として2011年8月にフィジーエアウェイズに入社しました。広報担当の本部長に任命されたのは2016年5月です。 Shaneは、広報チームと顧客ケアチームの担当者として、フィジーエアウェイズとFiji Linkの両方を見ています。 Shaneは、フィジーと太平洋地域におけるジャーナリズム、メディア、広報で12年の経験があります。 Shaneは、Chartered Institute of Marketing (米国) でマーケティングのプロフェッショナルディプロマを取得しました。このほか、フィジーの南太平洋大学でポストグラデュエートディプロマ (ジャーナリズムと国際情勢) と学士号 (ジャーナリズムと管理/行政) も取得しています。

Anna Morris
本部長 (業績および文化開発担当

Annaは、2015年7月に調達本部担当部長としてこの航空会社に入社し、その後2016年1月に新しい職位に任命されました。 Annaの現在の職位は、調達本部、資金、 航空機の融資調達/所有コスト担当の本部長です。 Annaは、文化振興、業績向上、マンパワー計画、求人/選出、組織設計、グループの生産性関連プロジェクトなどを担当しています。 Annaは、オークランド大学で学士号 (会計と国際ビジネス)、フランスのレンヌ商科大学で学士号 (国際ビジネス) をそれぞれ取得しています。

 

Peter Seares
相談役兼総務部長

Peterは、2016年8月にフィジーエアウェイズの相談役兼総務部長に任命されました。 フィジーエアウェイズに入社する前は、弁護士としてオーストラリアの国際的に展開している名高い法律事務所で、銀行業務/融資、商業用不動産、全般的な企業助言、商業訴訟などを手掛けていました。 Peterは、西オーストラリア州の最高裁判所の控訴院裁判官である著名なMurphy判事の同僚としても2年間働いています。
Peterは西オーストラリア大学で法学士号 (優等賞) と文学士号 (アジア研究) を取得しており、西オーストラリア州の最高裁判所、ニューサウスウェールズ州の最高裁判所、およびフィジーの最高裁判所の法廷弁護士および事務弁護士としても認められています。 Peterは、「Aviation Law Association of Australia & New Zealand」の会員です。

Owen Handyside
本部長 (フィジー航空サービス担当)

Owenは、ナディとナウソリにあるフィジーの主要空港ハブの管理・運営を担当しています。 Owenは、フィジー空港チームを強化し、傑出したチームに育てるために、再活性化され空港チームに11月に参加しました。 Owenは、地上業務対応、機内サービス、貨物/ランプ対応、人事、学習/育成、安全規則順守などの領域にわたる18年の航空キャリアを積んだ後、2014年7月にフィジーエアウェイズに入社しました。 Owenは、シンガポール空港における当社のオペレーションの立ち上げに大きく寄与しました。

Athil Narayan
本部長 (Fiji Link担当)

Athilは、当社の国内子会社であるFiji Linkの本部長として2017年3月にこのグループに入りました。Athilは航空と銀行業務に深く通じた幹部であり、かつてはフィジーとニュージーランドで勤務していました。 Athilは、IOSA公認航空会社であるFiji Linkのあらゆるオペレーション部門を担当しています。 Athilは、1994年にフィジーエアウェイズへの新卒研修員としてキャリアを開始しました。 彼は、ニューサウスウェールズ大学でビジネスと技術の研究で修士号 (主な分野は航空法、航空オペレーション、および戦略) を取得しています。 Ahilはまた、南太平洋大学で学士号 (経済と経営) も取得しています。 Athilはこれまで、フィジーエアウェイズ、Galileo GDS systems、Telstra Clear、およびフリーダムエア (ニュージーランド) で管理職位に就いています。 また、スターフッドホテル (デナラウ)、ANZ、Westpac、およびWormald Fire & Securityにおける上席管理職としての経験もあります。

Nigel Stoker
本部長 (オンラインパッケージ旅行)

Nigelは、2017年1月にこの新しい職位に任命されました。Nigelはこれまで、世界各地の旅行の上席管理職位をいくつか務めた経験があります。直近では、中東でカタール航空とオマーン航空のハリデイ事業部の運営に当たっています。 彼はまた、Harvey World Travel Southern Africaとリゾートマーケティング/オペレーション担当の本部長を務めていた時に、オーストラリア、日本、シンガポールの地中海クラブの対応を通じて旅行流通にも携わっています。当時は、アジア太平洋地域のセールス/マーケティング担当の常務でした。

Nigelは、インシアード (フランス) のMBAとサザンプトン大学の学士号 (会計/商業) を取得しています。

Overlay Loading Icon, 100px Overlay Loading Icon, 50px Overlay Loading Icon, 15px